×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

細菌性膣炎の検査キット

細菌性膣炎の原因と症状

細菌性膣炎はセックスのしすぎや膣洗浄のしすぎなどで、膣内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れることによって起きると言われていますが、その他にも疲れや病気などによって免疫力が低下した時にも細菌性膣炎の症状が出ることがあります。元々、膣内には乳酸菌が存在していて、その乳酸菌がさまざまな雑菌を自浄する働きをしています。膣内の菌のバランスが崩れて、乳酸菌が自浄作用をしなくなると、さまざまな雑菌が繁殖して細菌性膣炎の症状が現れます。炎症がない場合、細菌性膣症と呼ばれることがあります。

 

細菌性膣炎の症状が出ると、まず悪臭がし始めるので性交渉をするパートナーがいる場合には、すぐに気づかれます。細菌性膣炎の症状は、おりものがとても強い悪臭を出すようになるのが特徴で、この臭いは魚臭帯下と呼ばれます。細菌性膣炎の症状は、急激に現れるといったものではなく、徐々に膣内環境が悪くなっていくので、最初はあまり自覚症状がないのですが、おりものの量が増えたり、いつもと違う色のおりものが出るようになったり、おりものの臭いが強くなったと感じたら、検査をして調べたほうがいいでしょう。

 

細菌性膣炎(細菌性膣症)は市販の検査キットを使って、チェックすることができます。
一般細菌の検査キットを利用して、細菌性膣炎かどうかを調べます。

 

細菌性膣炎 一般細菌の検査キットを取り扱っているサイトはこちら


HPV検査キット.com