×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HPVは子宮頸がんの原因なのか?

子宮頸癌の原因になる?

HPV というのは子宮頸部に感染することが多く、子宮頚がんに発展する場合もあります。特にリスクが高いHPV の場合は子宮頸ガンとしての発展の可能性があり、発展した場合には治療が大変になってしまいますが、早期発見することにより、しっかりとした治療を行っていくことができます。近年では、HPVによる子宮頸がんを発症する女性がとても増えているといわれています。しかし、HPV に感染した場合であっても、ハイリスク型であり、さらにかなりの低確率でしか、子宮頸がんの懸念は無いと言われています。ハイリスク型のHPV に感染してしまったという場合であっても、およそ90%はしっかりと体内の免疫力によって自然消滅していらはらと言われています。また、子宮頸がんになってしまう前の段階で発見する事も可能ですから、何よりも定期的な検診が大切です。


HPV検査キット.com