×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

どのようにHPVは感染するのか?

HPVの感染について

HPVの感染経路は主に性交渉だと言われています。HPVは皮膚や粘膜に存在するウイルスのため、性器の接触によって感染していきます。性病を予防するためには、コンドームの使用が推奨されていますが、HPVの感染経路をコンドームで防ぐことはできません。HPVの感染経路は男性の陰嚢、陰茎、女性の外陰部、男女の肛門などの広い範囲になるため、コンドームだけでは完全に遮断することはできないのです。

 

女性の場合、子宮がんになるリスクがないと言い切れるのは、一度も性交の経験がない場合だけで、性交経験がある女性の5割から8割は一生のうちに最低でも1度はHPVに感染したことがあると言われています。

 

HPVの感染経路は膣での性交渉だけでなく、手や口での接触によるものもあるため、感染の予防はワクチンの接種によるもの以外は現実的には不可能です。HPVに感染しても、その約90%以上は2年以内に自分の免疫力で体外に排出することができますが、ごく一部が長期持続感染を経てがんに進行します。


HPV検査キット.com